季節の花いろいろ…御稽古や庭先、お散歩先から季節のお花をご紹介

庭の南天

古来より、難を転じるということから南天は吉祥とされております。
鬼門の西南に植えるとよいと言い伝えられておりますね。南天の葉はお赤飯に添えたりして、縁起物として活用されます。

新年の万年青

山村御流のお正月花はいくつかございます。
今年は万年青で新年をお祝いいたしました。万年青は古来より縁起の良い植物として知られており、花言葉は「長寿」や「長命」「崇高な精神」。

初音

冬枯れの庭に華やぎを添えてくれる椿「初音」。

ご献上椿としても知られておりますが、咲いた姿は気品溢れて麗しく、咲いている姿を見つけると寒さも忘れて、思わず微笑んでしまいます。

黒侘助

侘助は遅咲きの椿ですので、陽射しも春めいてきて、そろそろ春かしら?と思う頃に咲いてくれます。
なでしこさろんの黒椿はまだ小ぶりですが、今年はたくさん咲いてくれました。これからも沢山咲いてくれることを祈りつつ。

X'masローズ

まだ雪の残る2月頃ようやくつぼみがほころび始めます。別名、冬の貴婦人、寒芍薬、お茶の世界では節分草や雪おこしとも。半日陰で肥沃な土がお好きなようです。まだ冬枯れの中、春のおとずれを教えてくれます。

X'masローズ

なでしこさろんには白のクリスマスローズも。こちらは冬の貴婦人の名がふさわしい雰囲気ですね。花言葉は「私を忘れないで」

湖畔で

まだお寒さも残る中、色づき始めた桜のつぼみは、あたたかい春を待ちわびております。

 

御殿の桜

奉華会の4月初めのころは、毎年御殿の桜は見ごろを迎えます。
 

奉華の儀


毎年桜の咲く4月には、御殿の本殿にて、奉華の儀が執り行われます。

ご本尊様は御水尾院様と文智女王様です。
手前は色とりどりの可憐なスイートピー。

 

山野辺の参道

桜が葉桜になるころには、新緑も眩しい季節を迎えます。特に雨上がりの朝は言うまでもなく。
研究会に奉華会と、毎年季節折々に御殿にお参りいたします。山野辺の御殿に続く参道の道のりは、山村とのご縁に感謝する時間でございます。
 

庭のうつぎ

うつぎは別名、卯の花とも。
三井記念館所蔵の国宝のお茶碗を思い出しますね。卯の花は本来風炉の花とされておりますが、なでしこさろんの卯の花は、気が早くて4月には満開…。

馬酔木&紫蘭

新緑美しい馬酔木と紫蘭。

お花器は先代の尾西楽斎先生の穴窯焼成です。力強いお花器に負けないように、馬酔木を大胆に。

芍薬

この季節は芍薬が気品を添えます。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花…に少しでも近づけますように。

しょうぶ

に、斑入なるこゆりを添えてみました。
 

利休草


と矢車菊。

軽やかな利休草に矢車菊の深い蒼色が涼しさを添えます。

カラー

に、斑入ぎぼうしを添えて。
 

紫蘭とうつぎ

まだ連休前というのに、咲いてしまいました…。
お掛物は「花は野にあるようにby玉蘭」御流の代々御家元の教えです。
香道で、ご縁あるお方から、頂戴いたしました。

彩とりどり

の果物を手付ガラスに添えて、一足早く初夏の気分♪
メキシコマンゴー、タイマンゴー、スターフルーツにアボガド、ライム…
冷やしたシャンパンがほしくなりますね♪

芳醇な香り

のおがたま。「おがたま」は「招霊(おぎたま)」から転化したもの。古来より神聖視されており、神社仏閣では御神木とされ、日本神話の天照大神の天岩戸隠れでは雨鈿女が手にして舞を舞った伝承もあります。なでしこさろん玄関先。

遅咲きの

斑入りの白い紫蘭。紫の紫蘭は4月から咲き始めますが、白の紫蘭は一足遅め。5月の山村御流華展ではご覧なさることも多いかと思います♪

の花。初夏には松にも花が咲きます。花粉も飛びますが、これが衣類などにつくとなかなか取れなくて大変…

二人静

は木陰が大好きで、木陰でひっそり、静かに咲いてます。
素敵なお名前…およろしいですね。

かきつばた

の群生。GWに咲き始めるかきつばた。燕子花や菖蒲は沼地や池辺などを好みます。アイリスやあやめは普通の庭先でも見かけますね。

都忘れ

も木陰が大好き。
楚々とした涼し気な感じですね。

青もみじ

の並木道。緑陰もうれしい季節になりました。

生まれたて

青もみじの赤ちゃんです。
実生で芽吹いたばかりの青もみじの赤ちゃん。大きく育つといいですね。

ピカソ

という名のカラーとぎぼうし。この季節は葉で爽やかに涼し気に活けます。

小鳥の落し物

の中には草花の種などが…。これはいつの間にか庭先で実生して大きく育った未央柳。おそらく、庭に遊びにくる小鳥の落し物かと…♪

あやめ

昨年の実&蕾&咲いているあやめ&今年の実…に富貴草を添えて。
時の流れ…生の循環に思いを馳せつつ…活けてみました。器は黄交趾。

アンスリューム

インテリアショップで目に留まったピンクのアンスリューム。ちょっとモダンにコンポートのお花器に♪

蓮の葉

が…池にたくさん。
蓮の花が咲き始めるのが待ち遠しいですね。

グロリオサ

にドラセナを添えて。
グロリオサの花姿はユリにとても似てますね。英名はGlory Lily。

 

手毬

のお篭に活けてみました。リアトリスとなるこ。

お篭には軽やかな花材で涼を楽しみます。

青緋椿

にパステルりんどうを添えて。
りんどうは、紫色やピンク、白が広く知られておりますが、最近は涼し気なパステル色も人気。

すっ~と伸び

やかなニューサイランに、百合とリンドウで飾花に。枯れたグラスを添えたら初秋の風情に。百合の蕾は、少し省略も良いのですが、今回は咲いたものから省略しつつ…卓上花として華やかに。

古来より

神聖な花として、親しまれている蓮の花。見頃は7月半ば~8月。水揚げはしっかり丁寧に、池の水面に清らかに咲く花姿に想いを馳せつつ活けます。花言葉は「清らかな心」「神聖」「沈着」…等。

雨上がり

の庭で、満開の秋明菊。
今年はたくさん咲きました。春先には、秋明菊の増えた株周りの雑草を抜いたりした、甲斐ありました。

牛の口に

野いばらとほととぎすにかんすげを添えて。優しい枝ぶりの野いばらを見つけましたので、牛の口に。お篭には優しい花材が似合います。

黒尊式の

の御花器に、野いばらとほととぎすを添えたら、同じ花材も器によって趣も変りますね。ほととぎすの花言葉は「永遠の若さ」…永遠の…あこがれますね。

秋海棠

秋の野の花の代表格ですね。半日陰の湿ったところが大好きなようです。群生した岩場を見つけました。

膨らみ

はじめた西王母。早咲の椿、炉開にはおなじみ。中国神話に伝わる不老不死の仙境崑崙山に住む仙女の名前と同じ。不老不死の実を管理していると伝わる。

違う種類の

ほととぎす、株分で頂いたもの。調べてみましたら「青竜ほととぎす」という名のような…。楚々とした優しい花姿にはもう一つの花言葉「秘めたる意思」。

冬の華

歳の瀬の足音が聞こえてくる中 ほんのひとときシンビジュームと向きあってみました。ピンクのシンビジュームは冬枯の中に華やぎを添えてくれます。松と早春の香り漂う蝋梅を添えて。

神様の依り代

の松で新年の準備。山村の代表的なお正月花です。毎年暮れのお正月花お稽古では松と万年青を活けます。成し得なかったこと省みつつ 松の水引を締めますと 心新たに新年への希望も膨らみます。
心身健かに良い新年を迎えられますように。

川辺に

に自生する水仙。別名は雪中花。冷たい北風の中でもかわいらしい蕾は膨らんできています。お花屋さんの店先には12月頃から並び始めますが、こちらの水仙はまだ先のようです。

京都のホテル

ロビーを飾るに相応しい豪華なお正月花ですね。お花を活ける際は、季節感と飾る場所を考慮するのは大切ですね。いつかこのような素敵な大作を活けられるようになりたいものですね…。
今年も健康でお稽古精進できますように。

千羽鶴

という名の椿の蕾。雨上がりに、朱鷺色が綺麗です。真っ白ではなくて、ほんのり朱鷺色が麗しい千羽鶴椿…ご献上椿です。お名前もおめでたく、1月頃から咲き始めます。

ほころんだ

千羽鶴椿。お久しぶりのお湿り…露に濡れた麗しい姿、天からの恵みに微笑んでいるようです。天からの恵みは大地を潤し、草花を成長させ…自然の恵みに感謝する心を忘れずにお華を活けて参りたく。